2007年 10月 22日 ( 2 )
残債利回り
<リスクコントロールの方法>

①キャップレート(その地域の利回り相場。実際に売却できる利回りから考察する。)
+2%の法則=2%安ければ売却しやすいので安全。
ということは↓
残債利回り(借入残高に対する利回り。)が
キャップレート+2%になれば安全性(流動性が大きい)がある。
3年以内にキャップレート+2%になれば安全。

②融資のつきやすい物件
借入金<土地評価額(満額融資の物件は次に購入する人にも融資がつきやすい)

③最悪でも自己破産しない=債務免除の仕組みを理解する。
[PR]
by ooya-taka | 2007-10-22 13:43 | いろいろ
お宝セミナー  
「金利上昇局面に備える不動産経営」
総額7億円超の不動産投資を行っている、30台のすてきな女性講師のセミナー。CFPファイナンシャルプランナーの北野さんはOLをやめてからは不動産投資の傍らFPとして講演など行っているそうです。実際今回のセミナーを訪れた方は、7億の融資を受ける方法の方に興味が集中してしまって、本来の金利上昇に関する質問は少なかったようです。

個人的には、セミナーを聴きながら以前別のセミナーで聴いた「残債利回り」の考え方をもう一度復習しておこうかと思いました。
来週以降、荒れそうな株などの相場に引っ張られそうな、不動産投資では攻めと守りを同時に行っていかなくては行けないと思います。

終了後、沢さんたちと懇親会。いろいろお話しさせていただきました。FXの大御所の方達ともお話ができ大変楽しい時間を過ごしました。

その後、マサさんたちと2次会。
ディープなお話ありがとうございました。
久しぶりの午前様で0時40分帰宅。

皆様お疲れ様でした。
[PR]
by ooya-taka | 2007-10-22 00:00 | セミナー



夢の実現を目指し悪戦苦闘し続ける優柔不断大家の日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おすすめページ
カテゴリ
その他のジャンル
東京築古組
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧