費用対効果
コストパフォーマンス。
よく使われる言葉ですが通常のビジネスではなかなかそれをうまく表現できる指標があまり無い(広告や宣伝の効果ははっきり言って数字にならない)のですが、賃貸業ではかけたコストと賃料との関係で効果はわかりやすいとおもいます。
今回の部屋の場合1つ目は9.5万を12.5万に2つ目は9.7万を13.5万にそれぞれ賃料アップを果たした。
リフォーム代はそれぞれ210万と230万。
投資利回りはそれぞれ18%と20%。
ただ、今回防音室を作らなければせいぜい1万から1.5万の賃料アップで上出来だったと思う。
それを考えると防音室のコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。
(ただ立地はそれなりに選ぶと思います。)
結果として今回の防音室に関する投資利回りは25%前後になるのではないかと思います。

実際、つくばや北海道はリフォームをして賃料据え置きにしています。
[PR]
by ooya-taka | 2008-05-01 00:01 | リフォーム
<< 家族旅行 2つ目の防音室付き物件にも申し込み >>



夢の実現を目指し悪戦苦闘し続ける優柔不断大家の日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31