防音物件の性能
先日、Y市物件で植栽や外溝に関する打ち合わせのあと、外回りの掃除をしていたら内見の方がいらっしゃった。
大きな管楽器を担いでのご内見。
チューバとホルンの演奏家のカップル。
毎日2時間の練習は欠かせないため練習場を探すのが大変のようだ。
大型金管楽器は圧倒的に音圧が大きく通常部屋での練習ができないので練習場難民らしい。

ものすごく期待していらっしゃったようで1時間ほど実際楽器を演奏して試していました。非常に気に入ってもらったのですが、入居後のクレームがないようにお隣の方に防音の具合を聴きたいとの事。同伴の管理会社さんに交渉してもらい音の具合を聴いて頂く。
結果、「気になるほどの音量ではないけれど少し聞こえる、毎日だとこちらも人間なので何とも言えない。」との事。
後日、ミュート(弱音器)をもって再度試してみることになる。
こちらとしても、もう少し隣家への音を少なくする為に方法がないか専門家に相談する事にしました。 
入居付けを決めたいと言う思いと、この若い音楽家達に安心して練習できる場所を提供したいとのおもいが重なり、この防音物件の更なる性能アップを検討しています。
[PR]
by ooya-taka | 2008-04-22 01:27 | 物件管理
<< 防音追加工事 Y市物件の融資担当者にあってきました >>



夢の実現を目指し悪戦苦闘し続ける優柔不断大家の日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おすすめページ
カテゴリ
その他のジャンル
東京築古組
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧