残債利回り
<リスクコントロールの方法>

①キャップレート(その地域の利回り相場。実際に売却できる利回りから考察する。)
+2%の法則=2%安ければ売却しやすいので安全。
ということは↓
残債利回り(借入残高に対する利回り。)が
キャップレート+2%になれば安全性(流動性が大きい)がある。
3年以内にキャップレート+2%になれば安全。

②融資のつきやすい物件
借入金<土地評価額(満額融資の物件は次に購入する人にも融資がつきやすい)

③最悪でも自己破産しない=債務免除の仕組みを理解する。
[PR]
by ooya-taka | 2007-10-22 13:43 | いろいろ
<< 今週末セミナーに行きます。 お宝セミナー   >>



夢の実現を目指し悪戦苦闘し続ける優柔不断大家の日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
おすすめページ
カテゴリ
人気ジャンル
東京築古組
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧