スタジオ工事打ち合わせ
都内物件の1階のプライベートスタジオ3部屋及びラウンジ1部屋の工事の打ち合わせ。
防音仕様の吸排気ダクト、2重の防音ドア、特殊防音床2重(6層)などにより、全部屋ドラムス対応。一番大きな部屋は某スタジオミュージシャンの仮予約が入っているようです。しかも防音室の竣工に合わせ近隣に引っ越してくるようです。同程度の防音室を自分の負担で制作しようと考えていたようですが部屋代とは別に改装費用が1000万という見積もりが出たらしく断念したようです。
こちらの場合店舗用の何もない空間だったので造作の自由度はあります。ただ、新築の建物の図面で天井高2400だったのが実際計ってみると2240しかない!!!ただでさえ2400では低めだと思っていたのですがそれより160も低い!!施工管理も工務店の内部の人間だと施主がちゃんとしないとだめだということです。施主検査の時点ではスケルトンなので実際どこまで天高があるかは素人では分からないのですが........。ひどいものです。(その他にも恨み言を言い始めればきりがないのですが・・・・・・・・。)
その為に吸排気ダクトの変更などでなんとか2100をキープ。若干圧迫感はありますが、メーカー製のアビ○ックス等も2000程なので広い分圧迫感少ないかなとは思います。エアコンはダイキン製のうるるとさらら&外換気。空気清浄機能も付いています。(それとは別に防音換気口付き)
今回のプロジェクトに関してはメーカーさんや施工業者さん建築士さんみんなで微妙な緊張関係を保ちながら楽しんでやっているのが本当に素晴らしいと思います。3月いっぱいで完成するようです。
[PR]
by ooya-taka | 2007-02-12 11:41 | 物件管理
<< 長プラ 税理士費用 >>



夢の実現を目指し悪戦苦闘し続ける優柔不断大家の日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おすすめページ
カテゴリ
その他のジャンル
東京築古組
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧