繁忙期の広告料
広告料は1月から3月の不動産の極端な繁忙期には他の物件より優先的に紹介、内見をしてもらう為に通常の時期より多く必要になってくる。通常の時期ならまだしも今の時期ではできるだけ手数料が稼げて、決まりやすい物件を優先するのが人情でしょう。
私が現在募集をかけている物件の手数料に関しては、手数料負担貸し主100%負担/手数料配分は客付け100%の条件でお願いをしています。
本来宅建業法上1ヶ月以上の広告宣伝費が取れないらしいのですが、ファンド等が使うマスターリース契約を結んだ上であれば元付け=貸し主なので問題はないでしょう。今回の都内の物件は全て違う業者さんだったらしく広くお客様を集めることがいかに重要かと思い知らされます。
[PR]
by ooya-taka | 2007-02-10 21:34 | 物件管理
<< 金利に関して 固定資産の価格に係る不服審査について >>



夢の実現を目指し悪戦苦闘し続ける優柔不断大家の日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
おすすめページ
カテゴリ
その他のジャンル
東京築古組
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧